読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつむーななやー

日頃考えていることを書き残します。

成りたい自分になる方法

勉強・成長のノウハウ

成りたい自分になる方法について書いていきたいと思います。

 

具体的な方法ですが、

 

特にありません。

今現在のあなたが既に成りたい自分だから

です。

 

今の自分自身は毎日無数の選択肢の中から自分のやりたい事を選択しています。その積み重ねが今の自分を作っています。

 

いやいや、本当にに成りたい自分はこんなんじゃない、と思うかもしれません。では、何故自分が思ってるようになれていないのでしょうか。それは成りたい自分と現実のギャップを埋めるべく行動していないからです。

ギャップを埋める行動をしないことを自ら選んでいるからです。

 

まず、この点を理解しなければ先に進めません。何故ならこれを理解することで初めてスタートラインに立つことができるからです。これを理解してから長い戦いが始まります。

 

ここまで理解できたところで次にどうするか。

 

自分の目標を達成する為の行動を妨げているものは何か?

 

を分析します。

具体的に、私自身の例で説明します。

英語がペラペラになって、海外ドラマを字幕なしでみたい

 これを達成するためには、当然コンスタントに、英語の勉強をする必要があります。

しかし、現実の自分は

テレビがみたい、お酒が飲みたい、朝は眠い

これは英語ペラペラという目標よりも自分のその時の感情を常に優先してきた結果です。何年も前から成りたいなぁ、成りたいなぁと思っているつもりになっているだけで無意識では

そんなめんどくさいんなら成らなくていいや

という気持ちを優先しているわけです。

どうしてやらないか、という原因がわかれば次は簡単です。

 

諦めるものを決める

 

これだけです。

私の例で行けば、

  • テレビを見る時間を減らす
  • お酒を呑む量を減らす
  • 朝早く起きる
  • 英語を諦める

のいずれか又は複数を選択すればよい、ということです。

ただし、英語を諦める以外を選択した場合には本格的な戦いが始まることになります。

 

次のステップは習慣化することです。

 

習慣化してしまえば特に負荷を感じることなくずっと続けていくことができます。

 

逆に今習慣となっていることをやめることには大きな負荷がかかるということになります。

 

私の例の場合

  • 朝早く起きる
  • 英語の勉強をする

という二つの習慣を新たに身につけ、なおかつ

  • 朝ギリギリまで寝る

という現在の習慣を変えなければなりません。

 

今回は、成りたい自分になる為の考え方をまとめてみました。次回は成りたい自分になる為の具体的な行動の方法について書きたいと思います。