読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつむーななやー

日頃考えていることを書き残します。

ボウズからおしゃれな髪型に変えるのに苦労した

私は長年、坊主頭にしていました。

ダイエットに成功したこともあり、

もう少しおしゃれな髪型にしようかな

と軽い気持ちで考えてしまいまいた。

しかし、ボウズから別の髪型に変えるのは

そう簡単なことではありません

 

その試行錯誤の過程をつづってみます。

 

純粋なボウズ

まず、純粋なボウズについてです。

ここで言う純粋なボウズとは、バリカンでただ刈っただけのボウズです。

私の場合は、横と後ろは、トップ(頭頂部)よりは少し短めにしていました。

トークのボウズ芸人の会で、千鳥の大吾が

「サイド6ミリ、上は9ミリ」

と言っていたので、それ以来、千鳥 大吾と同じヘアスタイルにしていました。

 

ボウズのメリットは、何と言ってもメンテナンスが楽なことです。

  • 1000円カットで十分
  • 整髪料が不要
  • 寝癖がつきやすいけど、濡らして拭けば良い

などなど、メリットがたくさんあります。

逆にデメリットとして

  • 社会人としてはナシ扱いを受ける
  • イマイチおしゃれではない
  • ちょっと伸びたらダラしない

などがあげられます。

私は、スーツを着る職業ですが、パッと見ヤクザのような印象を与えているようです。よくは知りませんが、ボウズがNGな職業もあるでしょう。

イマイチおしゃれではない、どころじゃないだろ!と言う意見もあるかと思いますが、今はそれなりに市民権を得ていると思いますし、変に長くしているよりは清潔感があることは間違いないと思います。

ただし、伸びたボウズはダメです。このため、ボウズは頻繁に床屋にいく必要があります。

 

男のベリーショートの現実

さて、ボウズの私が髪型を変えようかと軽い気持ちでネットを検索しました。

するとトンデモナイことに気がつきました。

いや、全然短くねぇ  

 

例えば、これ

f:id:kyoutaro_fan:20170219172448j:plain

 

切ってコレなんで、切る前は10センチくらいあるんじゃないですか!?

 メンズ ベリーショート

検索結果の8割以上は、こんな感じです。

こちとら、9ミリですよ!?

1ヶ月伸ばしても2センチいくかいかないかです。

どうしたらいいんだよ

と途方にくれます。

1年くらい伸ばしっぱにしろってか!?

 

おしゃれな髪型への段階的移行案

と言うことで、おしゃれな髪型への移行方法を考えました。

しかし、普通に1年以上かかるんじゃないだろうか。 

 

 ボウズを伸ばす期

文字通りボウズを伸ばします。

2ヶ月以上伸ばします。

清潔感を保ちたい場合には、途中で一回トップ長めのボウズをはさむといいかもしれません。

と言っても、ボウズなのでせいぜい12ミリとかですが…。

 

ソフトモヒカン期

トップが2センチを超えたら、ソフトモヒカンに移行します。

わらかない人は検索していただければわかりますが、ほとんどボウズでほんの少しずつ頭のてっぺんに向けて長くなっていく、というものもあります。

ですので、とにかく

ソフトモヒカンしてくれ!

 って真顔で言えば、大丈夫です。してくれます。

ソフトモヒカンにも、前髪を残すタイプと頭の前側もバリカンでやるタイプがあります。どちらでも良いのですが、前髪を残すタイプにした方が後々、選択肢が広がります。 

これ以降、1ヶ月から2ヶ月ごとに長さを

長さは変えたくない

という注文でソフトモヒカンを繰り返します。

トップが5センチを超えるまでは、一点張りで良いでしょう。

正直、目指す髪型によっては、この髪型だけを経由するだけで十分です。

ソフトモヒカンには、さまざなアレンジがありますので、長さに応じてアレンジを変えていけばよいわけです。

トップが5センチ超えてきたら、いろんなソフトモヒカンが選べると思うので色々検索して好みの形を目指してください。

また、この髪型の良いところは、少々伸びてもセットをしっかりすれば、清潔感が保てるということです。

 

ツーブロック

本当に万能なソフトモヒカンなのですが、

トップの横の方がどうしても短めのまま

になってしまいます。

目指す髪型により全く気にならない場合もあります。

私の場合には、ネオ七三にしようと思っていたので、トップの横の方はある程度長くして後ろに流したい。だから、ソフトモヒカンだけでそこまで行くには、結構時間がかかりそうな気がしました。

そこで、ツーブロックに切り替えました。

ツーブロックツーブロックでサイドが刈り上げられる のでサイドを伸ばして行きたい人には向きませんが、それはソフトモヒカンも似たようなものです。

 

ただし、トップが短い状態でのツーブロックには

けっこう頻繁に切りに行かないと、なんかパッとしない

という欠点があります。

もちろん、ちゃんとセットすれば、ちゃんとしています。

でも、トップとサイドの差があるのがツーブロックのキモ

なのでサイドが超短くないと、

ツーブロックなの?これ?

となります。  

 

ようやくベリーショート

長さを変えない注文のツーブロックを数回繰り返して

ようやっとベリーショート 

になれます。

長い…。

従いまして、社会人の男性の9割型は

ベリーショートとショート

ということになります。

この分類方法間違ってない!? 

普通、一番多いところを細かく分けない!?

推測ですが、昔の男はそんなんに髪型に種類がなかったので、女性の分類をそのまま当てはめた、とかそんな感じですかね…。

 

まとめ

  •  ボウズとベリーショートのギャップは、5センチくらいある
  • ソフトモヒカンを超優秀、これを有効活用する
  • トップを全体的に長くしたかったらツーブロックに切り替える
  • 一般的なベリーショートにたどり着くのは最低半年かかる

ボウズの人が、自分が今できる髪型をネット上から探そうとすると

全然ない

ことに衝撃を受けます。

当面は、何も考えず、少し伸ばしてからソフトモヒカンにすると良いよ

というまとめでした。

本当に全然見つからずに、1時間以上ネットをさまよったことがあります。

 

少しでもご参考になれば、(今回はいないか…。)幸いです。